会長挨拶

令和2年度 会長所信

令和2年度スローガン
To the future
~YEGの絆を力に 共に進もう~
会長 渡邊 智美
富山商工会議所青年部
令和2年度会長 渡邊 智美

この度、富山商工会議所青年部(以下富山YEG)第46代会長の大任を拝命します重責に、身の引き締まる思いでございます。昭和50年に産声を上げ、平成そして令和の時代へとつながって参りました富山YEGは誕生してから46年目を迎え、OBの先輩方、会員の皆様方のこれまでの功績により、名実ともに全国でも有数の単会へと成長を遂げました。多くの会員・多種多様な業種が集まったこの富山YEGは、会員各々が互いの交流と研鑽を日々重ねており地域の経済的発展の一翼を担っていると自負しております。我々が今なお活動を通じて、成長することができるこの様な環境を築き上げて頂きました先輩方、そして多くのご協力を頂いています関係者の皆様に深く感謝致します。

さて昨年末に発生した新型コロナウイルスは2月より爆発的に感染者数が拡大し、いつ収束を迎えるのか不透明な状態です。イベントの中止や外出の自粛、外国人旅行者の減少、個人消費の落ち込み、企業生産活動の停滞等、我々の地域経済においても厳しい状況になると考えられます。また5G(第5世代移動通信システム)・AI(人工知能)・IoT(Internet of Things)などの情報通信技術の革新スピードは留まるところを知らず、目を見張るものがあります。例えばこれまで必要とされてきた仕事がAIや省人化システムに置き換わり、人がやらなくてもよい仕事へと変化しつつあります。そしてICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない働き方改革の切り札「テレワーク」は、今回の新型コロナウイルスで関心・導入が高まりました。このような大変厳しい状況は、逆に言えばチャンスともとらえることができます。この様な環境のもと、我々中小企業が市場から必要とされ続けチャンスを掴むためには市場の変化に柔軟に適応する変革が必要となります。これまでの常識や固定観念にとらわれない発想の転換が、強く求められる時代になってきているのです。どの様な環境・時代の中でも我々は自社業を守らないといけません。YEGは交流や研鑽、成長の場であります。そこで積極的に活動する事、つまり一人ひとりが強くなるきっかけを作り出すことが出来るのです。延いてはそれらが自社業をしっかりと守っていく力の醸成に繋がると考えます。YEGでの成長を通して、私たち一人ひとりが青年経済人として地域を支える存在になるべく活動をして参りたいと考えます。

また本年度は4年後に迎える富山YEG創立50周年に向け、歩みを始める時と考えております。4年後に向け、長い歴史の中で培われた文化や伝統を継承してきた富山YEGの連帯を更に強固に、そして会の更なる成長と発展に繋げる1年とする為に本年度は「To the future ~YEGの絆を力に 共に進もう~」のスローガンを掲げ、下記の3点を重点に活動を行っていきます。

1.地域社会への貢献、活性に繋がる活動
   我々は地域を支える青年経済人です。各々の事業所の発展が地域の活性化に繋がり、また地域の発展や価値向上へと繋がっていきます。我々は次代の地域経済を担っていかなければいけません。その為にも会員の資質向上に繋がる活動を行います。また郷土愛を深めることも地域経済の発展に寄与するものと考えます。より地域を知ること、ふるさと富山に今迄以上に誇りを持つことにより、希望溢れる地域社会の創造活動を行い、より地域から必要とされる富山YEGとなることを目指します。

2.富山YEGの更なる発展に繋がる活動
前述しましたが富山YEGは4年後に創立50周年を迎えます。この50周年記念事業の準備及び開催実行に向けた道程は平坦なものではありません。会員が心を一つにして組織の結束を固めなければ成し遂げられないと考えます。多くの課題や困難を共に乗り越えていく、そのための準備・計画が必要です。一人では難しいことでも、会員全員の知恵と努力を合わせていけば可能になります。そのためにも自身の置かれる環境を理解し、向上心を持ち変化を求める、常に前進していく意欲を持つことが大切です。そして各々が持つ柔軟なアイデアを忌憚なく出し合うことが、過去と現在、未来に融合したYEG活動に繋がっていきます。

3.組織力向上の為の活動
 富山YEGには多種多様な業種の仲間がいます。普段は、自社業にて各々のなりわいを単体で行っています。しかし会員同士が信頼関係を築くことができれば会員間でのビジネスにも繋がっていきます。チャンスを生み出してくれる「人脈」と「信頼」がYEG活動を通じて手に入れることが可能です。そのチャンスを有効活用するためにも、まず会員一人ひとりが富山YEGの一員である重要性を意識してください。会にとって自分がどのような価値をもたらしているかを考え、主体的に行動をして頂きたいと思います。そしてその考えと行動が個の力を向上につながり、集結することで富山YEGの組織をより強固なものにすることができます。

 富山YEGの活動は決して一人ではできません。仲間の協力が必要不可欠です。相互協力と感謝の気持ちの積み重ねが、互いの絆を強くしていくものと信じています。そして個々の力では成果は限定的になってしまいますが、YEGの下に集まった仲間・会員同士が力を合わせ共に学ぶ、同じ志を持ち勇気と情熱を持って行動することで計り知れない成果が得ることができます。その成果を通じ「富山YEGの会員で良かった」と想う多くの瞬間を創出していきたいと考えます。また本年はYEG活動に様々な影響を受ける場面が出てくるかもしれません。そんな時こそ我々が持つ柔軟な発想と対応を持って乗り超え、今後の自社業、YEG活動への経験値にしていきましょう。
結びになりますが、我々の強い絆を力に変え、自身と自社の明るい未来へ、発展し続ける富山YEGの未来へ、そして活力溢れる富山の未来の為に共に進んでいきましょう。