令和3年11月度 特別事業 YEGフェア2021

日 時:令和3年11月7日(日)10:00~16:00

会 場:富山商工会議所

テーマ:とやま GO AROUND!〜歴史と文化の未来博〜

11月7日(日)に商工会議所の10階大ホールにてスタジオを構築し、新型コロナ感染症の観点より、オンラインにて会員及び市民参加型の新規事業『YEGフェア2021』を開催させていただきました。
ここ数年青年部では、同じく市民の方参加型事業として『TOYAMA まちなか Music&Heritage Festival(まちフェス)』を開催して参りました。まちフェスでは「Music」を中核とし開催され、先輩方のご尽力もあり一定の成果を上げて参りました。『YEGフェア』は、前身であるまちフェスの「残したい富山の文化的遺産(=Heritage)」の部分を継続・発展させ、まちなかの賑わい創出、文化・地域振興に寄与する事業として立ち上げられました。

初開催となる今年は、テーマを『とやま GO AROUND!! 〜歴史と文化の未来博〜』とし、先行きの不透明さ、且つ活動の制限が予測されるなかでも、実現可能で人とのつながりが感じられる未来型の事業のあり方を追求し、市民や未来を担う子供たちが富山の歴史や文化に触れ、学び、さらには未来への希望を感じられる1日を創り上げ、本事業を通じて富山市の文化ならびに地域振興に寄与すること、富山市の今ある魅力、新しい魅力を発掘し、その価値を発信することにより、郷土愛・シビックプライドを育むきっかけとしていきたい、などの想いを込め、富山の過去・現在・未来と時間軸をキーワードにした3つの企画で構成しました。

自分たちは富山のことをどれだけ知っていて、そもそもそれは正しい知識なのか?自分の子供たちに伝えていくべき郷土富山のことをどれほど理解しているのか?などをテーマに、富山の名所や歴史ある場所を11本の自主制作した動画にまとめ発信し「過去」と向き合い、“とやまマチナカ大会議”と称した企画で、富山を代表するメディアの方々やプロスポーツ選手の方々が一同に会し、富山の魅力や、富山のスポーツシーンを熱く語り合うなど「いま」を知り、そして、これからを考える「未来」の部分では、企画を“トヤマノミライエ”とし、これからの地域の発展を担う子供たちに、『富山の未来へ』というテーマで、未来の富山、将来あってほしい富山の姿を考え文字や絵にしてもらい、それに触れた我々大人である自分たちが未来に向けて何ができるのかを考える機会とし、子供達からはたくさんの純粋で希望溢れる未来へのメッセージが届き、心が洗われる企画となりました。

初開催の事業ではありましたが、関わっていただいた方々の多大なるご尽力とご協力もあり、とても学びのある事業であったと感じています。YEGフェア2021を創り上げてくださった全ての方に感謝とお礼を申し上げます。

スクラム創造特別委員会 委員長 増山 隆

令和3年度 定例会 第49回 臨時総会

日 時:令和3年10月22日(金)

会 場:富山電気ビルディング

テーマ:荒波を乗り越え、その先の未来へ向かって帆を進めよう

令和3年10月22日(金)、富山電気ビルディングにて「令和3年度 定例会 第49回 臨時総会」が開催されました。本事業では「荒波を乗り越え、その先の未来へ向かって帆を進めよう」のテーマとして、令和4年度の会長および役員を承認し、富山YEGの会員一人一人が次年度に対する期待感を高め、未来へ向かって帆を進める一歩となることを目的とするものでした。

今回の総会は、日々刻々と変化する新型コロナウィルス感染症の影響がある中での開催となり、検温やアルコール消毒、サテライト会場を設けて総会会場の様子をZOOMで接続を行い、リアルタイムで配信し、ソーシャルディスタンスの確保など感染症対策をしっかりと行いながらの対面開催となりました。

まず、中川副会長の開会宣言からはじまり、国歌静聴、宇治橋副会長が商工会議所青年部綱領・指針を朗読したあと、澤田会長が議事を進行し、第一号議案にて令和4年度会長に高橋由将君、直前会長に澤田帝君及び監事・相談役3名が承認され、続いて第二号議案で理事40名が承認されました。

高橋次年度会長予定者からの挨拶では「次年度も新型コロナウィルス感染症の制限がある中ではあるが、理事予定者と共に協議をし、会員・会員企業・富山の商工業にとってより良い活動が出来るように精一杯頑張っていきたい」と力強いお言葉をいただきました。

また、参加した会員から次年度会長あてへ祝意や激励の言葉を色紙に書いてもらい、次年度に向けての気持ちが大いに高まりました。

最後になりますが、スムーズで大きなトラブルもなく、令和4年度の役員を含めた議案を承認する事ができ、運営・進行にご協力して下さった皆様、参加していただいた皆様にお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
                                     
総務広報委員会
委員長 田中 健太郎

令和3年10月度 富山県商工会議所青年部連合会 YEG研修事業

日 時:令和3年10月3日(日)

会 場:富山電気ビルデイング

10月3日(日)、富山電気ビルデイングにおいて、富山県商工会議所青年部連合会「YEG研修事業」に富山YEGより19名で参加して参りました。

 この「YEG研修事業」は、2部構成となっており、第1部では地域のリーダーに必要な「人間力」を高岡YEG歴代会長であり、県連会長を務められた鎌谷 隆一氏の講演を通して学び、続く第2部ではYEG活動を通して地域貢献と自己研鑽につなげるための五つの視点「研鑽・交流・向上・地域・発信」で、ディスカッションを行う事で、富山県連の絆とスケールメリットを生かした未来を創造し、激動の時代を乗り越える力を身につける事を目的に開催されました。

 第1部の講演では、鎌谷 隆一氏による「高い志と揺るぎなき信念をもって」の演題で、県連会長をされた経験から、どのような信念をもって地域を盛り上げてこられたかのお話や、北陸新幹線が開通された時期に企画、運営に携われた「飛越能 食の祭典in高岡」や、「フードエキスポhokuriku」のエピソード、当時苦労された点や事業を通した成果についてお話し頂きました。また「飲食経営サポートとやま」として高岡流お好み焼き「ととまる」を開発された当時の秘話などもお聞きする事が出来ました。数多くの事業に携われた経験から、事業は広域に連携して大きくする事が成功のコツや、市町村を巻き込むなどの仕掛け作りが大切との話が印象的でした。また、その時はYEGの特権である組織力やコネクションをフル活用する事も大事だとお話し頂きました。講演を通して、地域のリーダーに必要な「人間力」について改めて考えさせられる内容となりました。

 第2部のテーブルディスカッションでは、今年度県連のスローガンである「YEG ambition」について、各自が「研鑽・交流・向上・地域・発信」の五つの視点で、具体的に想像した考えや思いを書き出し、発表しました。ディスカッションのテーマが抽象的であった事、創造力が試されるテーマであった事で、発表する内容は十人十色で、各々の個性やその単会のカラーが出たものとなり、単会の枠を超えた交流を深める事も出来たと思います。またディスカッションを通して、地域貢献と自己研鑽につなげるための要素を確認できた事で、今後の青年部活動に生かせる有意義な時間となりました。

 最後にこの事業を通して、富山県連の絆を再確認できた事や、富山県連のスケールメリットを活かした未来を創造する事が出来た点で、今回目的としていた激動の時代を乗り越える力を身につけるヒントを各自持ち帰る事ができたと感じております。最後になりますが、お忙しい中参加して頂いた会員の皆様に深く感謝を申し上げます。ありがとうございました。

令和3年10月度 日本商工会議所青年部 第41回北陸信越ブロック大会

日 時:令和3年10月1日(金)9:00~16:30

会 場:オンライン

テーマ:紡ぐ~いま、結束のとき~」

10月1日(金)に開催されました、「紡ぐ~いま、結束のとき~」のテーマのもと新潟県は亀田にて令和3年10月度 日本商工会議所青年部 第41 回 北陸信越ブロック大会 亀田大会が行われました。我々富山YEGの会員はオンラインでの参加となりました。コロナ禍で刻々と情勢が変化していく中での準備は相当なものだろうと容易に想像出来ますが先ずは開催出来た事に亀田の皆様もホッと胸をなでおろされた事でしょう。

仮想空間の中に記念式典や分科会・物産展などの項目があり大多数がオンラインで参加される中趣向を凝らした設えとなっておりました。画面越しにも伝わる緊張感の中、粛々と式典が進行していく中でやはり「苦しい時こそチャンス~」「先導者として前に~」など青年経済人として自分たちがコロナ禍に打ち勝ってみせるという強い意志を感じました。

情報の伝達がスピーディーに行えず不安が残る中、富山YEGだけで総登録者数の約一割である94名と多くの方にご参加いただき、オンライン上でも亀田大会を応援しようという北陸信越ブロックの強い絆と、担当した私自身もこれだけの規模のものをオンラインで行えるやり方に学びを感じるブロック大会でした。

令和4年度の開催地は長野県長野市、主幹は長野YEGに決定しました。準備は始められている様子でしたが令和4年度は開催地の長野で北陸信越ブロックの仲間と会える事を楽しみにしています。

最後になりますが、平日のお忙しい中参加された皆様、そして参加者募集に協力して頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。

令和3年 7月度 研修事業 OB研修会

日 時:令和3年 7月21日(水) 18:30~20:30

会 場:ホテルグランテラス富山

テーマ:YEG活動に参加する意義を学び、成長に繋げよう

コロナ禍の中の開催となり企画段階から多くの問題に直面しながらも新しい企画に挑戦しました。今年度のOB研修会は、新型コロナウィルス感染症の影響を鑑みて、40周年の開催時期にご活躍されました歴代会長6名を講師という形でお招きし、パネルディスカッションにて現役会員に向けて、多くの学びとなるお話しをしていただきました。より多くの会員がこの研修によりYEG活動での学びや成長を知り、YEG活動の意義を感じたと思います。さらにはより多くの会員のYEG活動への積極的参加に繋がり、その先の人と人との出会いに繋がっていく一歩になったと思います。
最後に、コロナ禍でありながらOB研修会の運営・進行に協力してくださった会員の方々、並びにご参加いただきました全ての方にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

会員の絆委員会 委員長 奥村 修平