ビジネス推進委員会

委員長  田中 七海

テーマ「ターニングポイントは今だ!!~必要とされ続ける企業を目指して~」

ビジネス推進委員会では、我々青年部会員企業がどんな経済環境下でも世の中から必要とされ続ける企業となれるよう、時代に即した(新しい)学びの多い委員会活動を進めてまいります。

 

我々青年経済人が新たなことを学ばなければならない背景には、新型コロナウイルスの感染拡大により、今までの常識が常識ではなくなってしまった昨今の世の中の変化にあります。感染拡大以降、対面型で温かみのある接客を受けると不安を感じたり、他の地域に行く事でその地域の方に歓迎されないなど、人と人との接し方への価値観に変化が起こっています。

このような新しい常識と言われる世の中の変化から、今までのビジネスモデルを見つめ直し、世の中から必要とされるビジネスモデルへと変化させるターニングポイントに来ていると思います。

 

市場が元の価値観に戻って行く事を期待し、現状維持を貫く考えもあると思います。しかしながら、市場の価値観に変化を与える要素として、今回の新型コロナウイルス感染拡大のみならず、IT・ICTの進歩、AIの進歩、物を所有しないシェアリングビジネスの普及、環境問題の悪化など、世の中の価値観を変えるリスク(チャンス)は多く存在しており、常に世の中は変化していると考えます。このような、変化の激しい環境下で我々中小企業が生き残って行くには、世の中の変化に合わせたビジネスモデルへと変化し続ける事のできる新時代のリーダーとなることが必要であります。

 

先述の通り変化に対応できる新時代のリーダーとなる事を目指し、本委員会で取り組む活動の具体的内容は以下の通りです。

 

ビジネスを創造する思考・伝える技術を学び、会員間のビジネスマッチングを促進する

参加者が事業紹介や名刺交換をするだけではなく、日本YEGが継続事業として開催されてきたビジネスプランコンテストを題材としてビジネスの本質を見出す力や伝える力などの学びに触れることで、自らの事業に対しての理解を深め・伝えることで、会員相互の事業内容の理解に繋げ、新たなビジネスや協業の可能性などを模索し、会員間のビジネスマッチングを促進します。

 

国際ビジネスにおける素養を身に付ける

自企業の強みを理解し、その強みを広い市場に向けて展開して行く為に、海外ビジネスに精通している企業から講演会や企業訪問などを通じ、中小企業の視点から、広い市場への挑戦へ繋がる現実味のある学びを得ます。

 

新型コロナウイルスがもたらした、新しい常識について学ぶ

現状、世の中で起こっている価値観の変化を理解し、アフターコロナ時代に我々がどのような企業であるべきかを見出すため、その手段の一つである非対面型ビジネスの考え方や、具体的手法について勉強会を開催し学びを得ます。

 

最後となりますが、今後どんなに技術が発達しても、ビジネスとは物、サービスやお金のやりとりを通じて相手を幸せに導いていく事には変わりはありません。

個々の違いを認め合い、価値観や考え方に触れることで、ピンチをチャンスに変え、地域に必要な企業としてあり続ける事は可能と思っております。この委員会が、皆様にとっての現状を打破するターニングポイントとなれるよう、企画・運営して参りますので、積極的なご参加をよろしくお願い致します。

 

委員会活動概要

  1. 新しいビジネスを創造する思考・伝える力を身につける為の勉強会の実施
  2. 国際ビジネスにおける素養を身に付ける為の講演会や企業訪問の実施
  3. 新型コロナウイルスがもたらした、新しい常識についての勉強会の実施