委員会紹介

地域未来委員会

委員長  増山 隆

テーマ「歴史を未来につなぐ ~希望溢れる地域社会のために~」

 

戦後の高度成長期を経て、日本の企業の在り方や働き方は大きく変化しようとしています。そのスピードはとても速く、ほんの数年後のビジョンですら、時代遅れになるかもしれません。その波は既に、我々の地元富山にも押し寄せています。かつては、長期的な会社運営プランを立て、その計画に合わせて資産運用をし、マップ通りに駒を進めることが「成長と発展」とされてきましたが、これからはそうではありません。もっと自由に、柔軟に、しなやかに、各企業が自社の在り方をプロデュースする必要があります。今後我々は、次代の地域経済を担い、そして各々の事業所の発展こそが地域の活性化に繋がり、さらには価値向上に結び付くと信じ活動を進めていく必要があると思います。

そのためには正しい歴史を学び、伝統や文化などを知ることもそのひとつです。「過去を探求し、伝統や文化に触れ、現在の立場から世の中が未来に向かってどう動くか、自分たちはどうあるべきか」を考えることは、政治や企業活動をはじめ、どの分野でも行われています。「より地域を知ること、ふるさと富山に今まで以上に誇りを持ち希望溢れる地域社会の創造活動を行うこと」という会長所信に刻まれたこの想いを具現化するために、当委員会では下記3項目を基本骨子とし、一年間の委員会活動を進めて参ります。

 

1.歴史に学び、今、そして未来につなげる

歴史を単なる過去の出来事としてではなく、「今」につながるものとして捉えることが大切です。過去を知り正しい知識を身に着けることは、そこから自分たちの未来の生き方を考えることにもつながります。「歴史に学ぶ」ことを通して、今、そして、より良いこれからの社会について考えます。

 

2.地域を愛し、人や社会と関わる

郷土を愛する心を育て、社会の中で豊かに生きていく力を培い、道徳性の育成を図ることも地域社会の未来を支える我々のすべき重要な活動のひとつです。地域の特色や人々との交流を通じその意義を考えます。

 

3.伝統や文化を理解し、地域社会で生きる

今後の経済も混沌とした黎明期が続くことが予想されます。そんな社会だからこそ、地域性やマーケットを理解し、積極的に発信することが求められます。だからこそ、地域や文化に誇りを持ち、富山にしかない伝統や文化のすばらしさに気付けるような活動を進めます。

 

「会社」は、たくさんの価値を生み出すことができます。経済的価値、サービス、文化、新しいニーズ、人材・・・ 社会を形成し、豊かにするために必要なものが、今日もたくさんの会社から世に生み出されています。言い換えると、これらは地域を支える青年経済人としての我々会員ひとりひとりの役割でもあります。希望ある未来を展望するために、地元富山ともう一度向き合ってみませんか?

 

 

 

委員会活動概要

1.自社業のプロデュースに不可欠な、郷土富山の歴史や文化を正しく理解する勉強会の実施  2.伝統を理解し体験することで、より強い郷土愛を育み社業へ活かすための糧を築く     3.活動を通じて学んだことを自社業に活かしていくための勉強会実施

経営委員会

委員長  西田 隆宏

テーマ「 儲け口より稼ぎ口 ~「経営力」をLevel Up!~ 」

 

日本では昔から節制が美徳とされ、「お金は汚いもの」という感覚を持つ人が多くいます。確かに道徳を無視して「カネ儲け」のみを追求してしまえば、「利益を出すためなら何をしても良い」という考え方が生まれてしまい、コンプライアンスの軽視や人を消耗品のように使い捨てるいわゆる「ブラック企業」になってしまいます。一方で、道徳のみを重視して立派な経営理念を作り上げたとしても、適正な利益を稼がなければ会社は倒産し、税金も納めることができず、そんな企業が増えると社会が成り立ちません。楽して「儲ける」のではなく、理念の元きちんと戦略を立ててしっかりと「稼ぐ」ことが必要です。

 

「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」(二宮尊徳)

 

この言葉に表されるように、道徳と経済の両輪が揃ってこそ自社業を発展させることができます。道徳心を大切にすることを大前提とし、当委員会では、「稼ぐ」ことにフォーカスを当て、様々な経営テクニックを学べる勉強会を実施します。例えば「将来のビジョンを想像する勉強会」や「融資がおりる事業計画書の書き方を学べる勉強会」などの自社業の業務改善と発展に直結する勉強会、「自社業にない強みを持つ企業に対する株式投資・M&Aについて学ぶ勉強会」などの本業以外の稼ぎを生み出すための勉強会等を企画します。こうした経営手法に関する勉強会を通して自社業を見つめなおすことで「経営力」をLevel Upさせます。

また、自社業の研究・研鑽だけではなく、300名を超えるYEG会員同士の相乗効果を最大限に活かし、YEG会員がより多くのビジネスチャンスを掴む為に異業種交流会を企画し、異業種間のコラボレーションを促進することにより、YEGの魅力を分かち合える環境を創出します。

 

私達のYEG活動は、自社業と家族によって支えられていることは言うまでもありません。自社業が更に発展をすれば、家族も喜び、自信も生まれ、経済も潤滑に回ります。それが地域の税収増となり、私達が経済活動を展開し日々の生活を送るふるさと富山の発展にも直接影響をもたらすと信じています。私達が子どもの頃は先人達に支えられてきました。今や私達が子ども達と社会を支える立場です。次世代に豊かな未来を繋げて行こうではありませんか。

 

みんなでバリバリ稼いで、もっとHappyなYEG Lifeを送りましょう!

 

委員会活動概要

  1. 自社業の研究、探究、創造
  2. 異業種間コラボレーションを促す交流会の実施

絆委員会

委員長  水口 猛史

テーマ「仲間を繋ぎ相互のコミュニケーションから紡ぎだす絆を育もう!」

近年、少子高齢化による労働人口の減少と景気回復傾向により新卒就職市場は売り手市場と言われており富山県においても有効求人倍率が約1.8倍と高い数値を推移しております。今後も人の力を必要とする業態に関しては難しい舵取りをせまられる事が予想されます。

そして2020年より始まる5Gでの新しい未来の創造、AI・IoT・ICTの活用でひと昔前は漫画の世界だった事が現実になりつつあります。AIにとって代わられる仕事がある一方で、やはり人でしか成しえない事があることも事実です。

富山YEGにおいても会長所信に「一人では難しいことでも、会員全員の知恵と努力を合わせていけば可能になる」とあります。会員同士の絆、信頼関係がさらに強固に繋がれば互いの想いを目標に向かって紡ぎだしより良い成果となるはずです。そうして出来た関係はきっと生涯の友となることでしょう。富山YEGは300人を超える会員が在籍し、様々な想いを持つ仲間がいますが、まだお互いを知らない、分からないといった関係も少なくないと思います。50周年が迫り、会員同士の絆を今以上に深化させる事で皆が良かったと思える結果と喜びを分かち合えるはずです。それらを踏まえ当委員会ではYEGの絆を繋ぐため3本の柱を基本に活動を進めて参ります。

 

  • 会員同士の理解と絆を深め繋ぐ機会の創出

先ず知る事、知らなければ何も始まりません。お互いに何の仕事をしていて価値観や考え方はどうなのかを知る必要があると思います。そして、YEGの仲間と同じ時間・悩み・汗を共有する活動を創出する事で理解と絆を深め繋ぎます。

 

  • コミュニケーション力ブラッシュアップとICTツールを利用したコミュニケーションのための研修

絆を深めるためにはコミュニケーションスキルが必要だと考えます。その為に相互理解を深める手法とスキルを学びブラッシュアップする事で更なる絆を深める。

そしてICTを用いたツールへの理解を深める事でコミュニケーションの幅を広げる。

 

  • 親会である富山商工会議所との交流を深めより広い絆を繋ぐ

親会の制度、特典利用促進と連携を深めると共に、親会との絆を繋ぐために交流を創出します。親会とYEGについて知る事により、YEGの存在意義・目的を再確認する事ができ、その結果ただの交流ではない目標を持った交流が出来ると考えます。そして、その積み重ねがYEGの組織力向上に繋がると考えます。

 

それらの目的を達成する活動をする事により、様々な人の価値観、考え方、想いを繋ぐ事で交流が広がり、絆が深まります。そして必ずYEG活動意欲が高まり楽しくなり、更なる会の発展にも繋がるはずです。当委員会では本気で活動し本物の「楽しさ」を共有します。その事が今後さらに急速に発展する社会情勢に対する「人」を武器と出来る強さを身に着ける事ができると思います。ともに学び「人生の友」とよべる絆を紡ぎだす事で実りあり価値ある青年部活動を共に育みましょう。

 

委員会活動概要

・会員同士の「知る」「絆を深める」機会の創出

・親会である富山商工会議所との絆を深める交流の実施

・コミュニケーション力ブラッシュアップ・ICT利用研修

政策提言委員会

委員長  早坂 健司

テーマ「郷土富山に誇りをもって、明るい未来を創造しよう!」

 

皆さんは自身が住んでいる富山に対してどれだけ関心や興味がありますか?令和2年には、路面電車の南北接続によって富山地鉄と富山ライトレールの相互乗り入れが実現し、乗客の利便性が高まり、南北間の人の行き来が大幅に増え、コンパクトなまちづくりに大きなインパクトを与えることになると思われます。また、少子・超高齢化への対応や、地方創生に関する事業の着実な推進を図るとともに、道路・橋梁などの社会資本の老朽化対策など解決しなければならない課題が多くあります。

 

このような状況の中で、私達はこの富山の地で経済活動を行い、自社の発展を追求し、地域経済の発展に寄与していかなければいけません。その為には、より地域を知ること、郷土富山に今迄以上に興味を持つこと、誰もが潜在的に持っているであろう「誇り」や「愛着」を共有し、目に見える形にしていくことが大切なのではないかと考えます。その目に見える形の第一歩が政策提言になるのだと思います。そこで今年度の政策提言委員会では、以下の事に重点を置いて活動していきたいと思います。

 

先ずは富山市が取り組んでいる政策の検証を行い、様々な視点から行政や地域と意見交換や勉強会を行うことで富山の現状を把握し、今抱えている課題や問題点について調査研究していきます。そして、地域の特色を活かした経済活動や政策等を学び、富山だからこそできる提言書を目指していきたいと思います。

 

次にこれまで富山市に提出した政策提言書の検証を行います。富山YEGは2010年度から継続して提言書を提出しています。過去の政策提言書を再度見直すことで、富山YEGとして何を会得したのか、何が問題点なのかを学びます。この検証によって、これまでの提言書の内容をしっかりと汲み取り、継続して提出していくことの意義を考えて行きたいと思います。

 

最後になりますが、委員会活動を通し積極的に調査・研究・議論することで、会員同士に強い絆が生まれ、郷土富山を誇りに思い、地域の明るい未来に繋がる提言ができるように活動していきたいと思います。

 

みなさんで、郷土富山を見つめなおし、明るい未来を創造しましょう!

委員会活動概要

  1. 地域経済の現状等に関する問題点を調査・検証・解決策を討議し、行政・関係各所に具申・提言する
  2. 過去の政策提言書や他単会の政策提言についての検証・研究

会員力アップ委員会

委員長 奥村 修平

テーマ「共に創り共に学んで友と成長しよう!~PLAY WITH US~」

「YEG活動へ積極的に参加し、楽しく学んで成長する」と言う考えは、おそらく永遠のテーマであると思います。そうはいっても現実問題としてプライベートの(家族・友人との)時間を削り、仕事の時間を調整しながら積極的に活動する事は安易ではありません。この容易ではないYEG活動には、「ここでしか体験できない事」「ここでしか感じる事のできない事」が散りばめられています。そのどれもがYEG活動に参加する事によって生まれ、得られる物です。そしてその体験こそが自らを成長に導き、自社業の発展、延いては自分の人生を充実したものとする、大きな財産となっていきます。今を生きる私たちはそれぞれの夢や憧れを抱き、その夢や憧れの実現に挑戦していますが、それらの実現に向けしっかりと前へ進んでいく為には、「愛(ひたむきさ)」と「技術(壁を乗り越える力)」が必要不可欠と考えます。YEG活動に積極的に参加し、そこで生ずる仲間からの誘いやお願いを選り好みせず受止め、自らで実践し成し遂げる事によって、「愛(ひたむきさ)」や「技術(壁を乗り越える力)」が自然と身についてきます。このような環境に身を置くことで、夢や憧れを実現できる自らとなり、仲間や後輩を導いていける将来のリーダーへ成長していくと思います。

「会員力アップ委員会」では、このような成長の場に新入会員や現役会員が「積極的に参加」してもらうため、YEG活動の目的や意義をしっかりと伝える事に注力したいと思います。また、人は感情の動物であり活動に対して「楽しい」と感じてもらうことが大切であるとも考えています。楽しいから参加し、また参加する意欲が湧き、延いては大切な人や愛する富山YEGの為に活動する、という心に焦点を当てた環境作りが必要と思います。「会員力アップ委員会」では以下の取組を実践し、新入会員は勿論のことすべての会員が積極的に参加し、共に楽しく学んで成長のできる委員会づくりを目指します。

 

  • 「YEG活動への積極的参加」に関する取組

定例会や各事業の参加の目的や意義に加え参加することで得られる事や、感じることを伝えることでYEG活動に積極的参加してもらいます。

より多くの会員が、興味を持ち、積極的に参加しようと思えるようなこの委員会独自の仕掛けや思考の詰まった新しい場を作っていきます。

 

■「共に楽しく学んで成長する」に関する取組

目で見て、耳で聞き、肌で感じられるそんな時間を共有できる環境を作り1人でも多くの会員にこの時間に共に参加し共に触れてもらえることで会員間の信頼関係や繋がりを強く感じられ、延いては会員自身の成長に大きく繋がっていくそんな委員会をメンバーと共にチャレンジしていきます。

 

「会員力アップ委員会」での活動はこれまでの固定概念にとらわれない魅力ある時間にしたいと強く思っています。会員みんなが活動に興味を持ち、楽しさを感じ、委員会メンバー全員が「次はもっと良い活動としよう」と思ってもらえる、そんな意欲溢れる委員会になるよう、みんなで楽しんで活動していきましょう。

今後「会員力アップ委員会」から将来の富山YEGを担う多くのリーダーが誕生すると思いますよ!

 

委員会活動概要

  1. 新入会員の育成・会員の模範的青年経済人となる学びと実践
  2. 新入会員と現役会員とのコミュニケーションの活性化
  3. 現役会員、新入会員の積極的参加を促す仕組みづくり

 

総務広報委員会

委員長 木村 英樹

テーマFun run 未来へつなぐ」

 

本年度は会長所信にあるように、富山YEGが4年後に創立50周年を迎えるにあたり、歩みを始める年と位置付けられました。その4年後に向け総務広報委員会は、今まで以上に会全体を見渡す広い視野を持ち、各委員会をバックアップします。また、ひとつの歯車として会の運営に係わっていき相互協力の関係性を築いていきたいと思います。

総務広報委員会はこの委員会名のとおり「総務」と「広報」の二本柱から活動を展開していきますが、今年度のスローガンより、それぞれを以下のように解釈し活動をしていきます。

 

総務 ~過去を学び、スキルをつけ、未来へつなぐ~

総務という言葉は、総てを務めると書くとおり「理事会・各種会議の準備・運営・議事録作成」「エンジェルタッチ(AT)の管理・運営」「ホームページ(HP)の管理・運営」「部室及び備品の管理」等、職務は多岐にわたります。諸先輩方が築いてこられたノウハウを学び、実践し、体得し実務能力を高めることで人間的スキルを磨きます。また実践し、体得する中で、より良いシステムの構築を検証し時代にあわせたものとし、次代につないでいきたいと思います。

 

広報 ~魅力を発信し、絆を深める~

富山YEGの活動や事業が少しでも多くの人に周知していただけるよう広報活動を一層充実したものとし、富山YEGの認知度を上げ価値を高めるものとします。そのことで会員も所属の誇りを持ち積極的な青年部活動につながると思います。

また、単会内広報として用いているAT・定期発送・フェイスブック(SNS)においては、会員が欲しい情報を的確に、また迅速にお届けします。とりわけフェイスブックについては、単会内広報として委員長間で活用を促し拡充を図っていきます。

会員が各委員会の活動を知り、青年部活動の情報接触頻度を高めていくことが、個々の参加の意識付けや、参加率の向上になると考えます。また会員ひとりひとりの魅力、ひいては委員会の魅力、事業の魅力を発信することで会員同士の絆も深まると考えます。

 

この委員会の活動は、山有り谷有りがあるのではなく、平坦な道を1年通して活動する持久力が求められる委員会と考えています。スポーツでいうところのマラソンに例えられる委員会でないでしょうか。短距離走や球技のような華やかさはないかもしれませんが、一歩一歩を確実に踏みしめ長い時間をかけゴールをしたときの達成感は他のスポーツにはない格別なものだと考えます。

近年、市民マラソンブームに派生して「Fun run」という言葉があります。記録更新を目指すのではなく、レース参加や走ることそのものを楽しむことを目的とし、仲間と話しながら走ったり、時には仮装をして走ったり、自分なりのスタイルでゴールを目指すことを言います。

同じゴールという目標を目指すのなら一層楽しんで、「Fun run」の精神で。

ペース配分を考えながら、ゴールの達成感を味わってもらえる委員会にしたいと思います。

 

委員会活動概要

  1. 理事会・各種会議の準備・運営・効率化の検討
  2. 部室及び備品の管理
  3. 青年部広報(AT・HP・SNS)の運営と管理及び活用の促進

周年準備室

室長 澤田 帝

テーマ「50周年事業の成功にむけて」

 富山YEGは4年後に創立50周年の節目をむかえます。「継続は力なり」という言葉がありますが、この組織が半世紀近く活動をしてこられたということは、我々YEG会員が地域の経済的な発展の支えとなるために会員個々が研鑽に努め、様々な事業や活動を継続してきた結果であり、地域の方々に認められた証であると考えます。周年事業はこれまでお世話になってきた、OB会員、現役会員、県内外のYEG同志の皆様、そして富山YEGに関わってこられたすべての関係者の皆様に感謝を示し、今後富山YEGの益々の発展の展望を示す場であるとも考えます。やるべき事は多岐にわたるため、4年後ではありますが、早期に準備を進めていくことが必要と考え、以下のことに重点を置き1年間活動していきます。

 

【50周年事業開催に向けての調査・研究】

 

周年準備室では、4年後の50周年という大きな節目を迎える周年事業の成功に向けて、何が必要であるかを調査・研究します。その調査・研究したものを次年度以降に申し送ることが最重要ミッションと考えます。

創立50周年記念事業の準備・計画は多岐にわたり、記念式典・記念講演・懇親会・記念誌の発行等があります。また富山YEGは様々な歴史を経て、全国有数の大きな規模の単会となりました。多くのOB会員や日本YEG 等、各種関係団体の協力を仰ぐ渉外活動も必要となってきます。

我々富山YEGは、近年全国大会、北陸信越ブロック大会のような大きなコンベンションを経験してきました。その時に学んだノウハウと強固な組織力を発揮することができれば自然と成功への道は切り開かれると考えます。

 

【富山YEGの歴史の振り返り及び現在の富山YEGの課題の調査・研究】

 

次に、周年事業の準備を進めていくためには富山YEGの歴史を振り返り、この組織がどのように成長してきたのかを知ることが重要です。歴史年表を紐解き、過去の資料を解析し、課題やデータを調査・研究することによって輝かしい未来への展望が開けるはずです。また、会員の声に耳を傾け、現在の富山YEGが抱える課題を抽出し、解決策を練ることも重要です。沢山の課題が出てくるかもしれませんが、皆で話し合い、たくさんの議論を重ね、富山YEGの輝かしい未来への躍進に繋げます。

 

最後になりますが、県内外からも注目されている富山YEGの50周年事業を必ず成功に繋げなければいけません。これまでの歩んできた歴史を振り返り、学べば道は切り開けるでしょう。しかし、50周年事業成功が富山YEGのゴールではありません。意見を出し合い、共に協力し作り上げ完成させる、そこまでのプロセスが大事なのです。会員一人一人がベクトルを合わせられる仕組みを考え、全員が同じ目標に向かって突き進み、会員同士の仲間意識をより一層強くし、組織全体の活性化を図ることで、50周年事業の成功と富山YEGの更なる発展にも繋がります。

YEGの絆を力に、4年後に向けて共に準備を進めていきましょう。

 

 

活動概要

  1. 50周年事業開催に向けての調査・研究

 

  1. 富山YEGの歴史の振り返り及び現在の富山YEGの課題の調査・研究