令和2年8月度 新型コロナウイルス対策特別事業 髙木会頭オンライン懇談会

日 時:令和2年8月21日(金)15:30〜16:10

会 場:ZOOM

テーマ:コロナ禍を生き抜き、経済人として更なる成長を

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、テレワークやWeb会議など会員企業を取り巻く環境も大きく変化しています。今後は新しい生活様式・行動様式などの取り組みを通して、新たなビジネスモデルが求められます。このような変化に対応すべく、私たち青年部会員は共に知恵を出し合い、英知を結集しこの厳しい状況を乗り越える必要があります。

令和2年8月21日(金)に、新型コロナウイルス対策特別事業 髙木会頭オンライン懇談会を開催し、私たちの親会である富山商工会議所の髙木会頭をアドバイザーとしてお招きし、オンラインでの懇談会・意見交換会を開催しました。

平日の日中ということもありましたが、30名を超える参加があり、現在の経済状況に対する会員の不安や悩み、何とか現状を打破したいという思いが参加会員から感じ取れました。

懇談会に関しては、青年部会員からの質問に対し髙木会頭が返答する質疑応答形式での開催となりました。会員から「コロナウイルスの影響で戦後最悪の経済危機になるのか?今後の富山や日本経済・世界経済はどうなっていくのか?」などの質問があり、髙木会頭からは心臓のバイパス手術を例に挙げられ、コロナ感染予防対策をしっかりしながら経済を回していく必要があると説明がありました。今後は長期での資金計画(資金繰り)や、企業のデジタル化などが必須となる。是非、青年部らしく若さを活かした柔軟な発想と対応で、この厳しい状況を乗り越えて欲しいとお言葉を頂きました。

当日に残念ながら参加出来なかった会員が視聴できるよう動画配信も行いました。本事業が今後の私たちの青年部活動の1つの指標となり、各会員の資質の向上、そして各社業の発展に繋がれば幸いです。

最後になりますが、アドバイザーを快く受けて頂きました髙木会頭をはじめ、この度の事業開催に尽力いただいた関係者の皆様に感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

令和2年8月度 若手後継者等育成事業 新型コロナウイルス対策特別事業 相談窓口

日 時:8月24日(月)〜11月27日(金)

8月24日(月)から「若手後継者等育成事業 新型コロナウイルス対策特別事業 相談窓口」がスタートしました。
本事業は、専門的知識を有するエキスパート(社労士・税理士)に何時でも相談出来る事業となります。
「状況変化に対応し、難局を乗り切る」をテーマとし、新型コロナウイルス感染症拡大により社会情勢が目まぐるしく変化する中、厳しい経営を強いられている会員企業に対し事業継続・経営向上へのサポートを図る為、専門的知識を有するエキスパート(社労士・税理士)に何時でも相談出来る環境を整え、会員及び会員企業の臨機応変な対応の一助になることを目的とし、雇用調整助成金等、雇用に関することや、支援制度(給付・助成金)、経営相談等、様々な相談を受けることができます。
相談期間は8月24日(月)から11月27日(金)となっており、青年部会員は期間中であればいつでも相談を受けることが出来ます。
講師には、青年部現役会員が相談しやすく、また我々と近い立場という事で親身になって様々な相談に乗って頂けるよう当会OB・OGである社労士、蓑輪寿宏氏(ミノワ社会保険労務士事務所代表)、税理士、猿田淳子氏(猿田淳子税理士事務所所長)に依頼し、相談しやすい場を設けています。
この相談窓口を活用し、新型コロナウイルス感染症による苦境の中、難しい事業経営を行っている青年部会員に対して、青年部独自の知識と情報の発信・共有、青年部だからこそ出来る具体的な対策案の相談、そして青年部の強みである繋がりや連携により、この難局を乗り切る一助となればと思います。

副会長 大塚 康平

(写真は6月に行われた相談会の風景です)

7月度 若手後継者等育成事業新型コロナ対策特別事業(相談会)

日 時:6月25日(木)、6月26日(金)10:00~16:00

会 場:富山商工会議所部室

テーマ:「対策を考え、難局を乗り切る」

6月25日(木)、6月26日(金)に「若手後継者等育成事業 新型コロナ対策特別事業(相談会)」を、富山商工会議所部室にて開催いたしました。本事業は、先日行いましたセミナーとの連動企画となっており、直接講師に個別のお話が出来るものになっております。事業テーマに「対策を考え、難局を乗り切る」と掲げまして、専門的知識を有するエキスパート(社労士・税理士)による新型コロナウイルス対策支援制度等に関する相談会を開催し、新型コロナウイルス禍で厳しい経営を強いられている会員企業に対し事業継続・経営向上へのサポートを図り、具体的な対策案を考える一助になることを目的として開催いたしました。

 6月25日(木)には、社労士から蓑輪寿宏(ミノワ社会保険労務士事務所代表)に来て頂き、雇用調整助成金や雇用に関する事を中心とする相談会を行い、6月26日(金)には税理士から猿田淳子(猿田淳子税理士事務所所長)をお迎えし、国や県が現在及び今から行う新型コロナウイルス感染症対策に関する支援金・給付金に関する事を中心に経営相談出来る場を設けました。お二人共に当会OB・OGという事もあり、我々青年部現役会員も相談しやすく、また我々と近い立場という事で親身になって様々な相談に乗って頂きました。

先日のセミナーと今回の相談会を通して、新型コロナウイルス感染症による苦境の中、難しい事業経営を行っている青年部会員に対して、青年部独自の知識と情報の発信・共有、青年部だからこそ出来る具体的な対策案の相談、そして青年部の強みである繋がりや連携により、この難局を乗り切る一歩になる事業が開催出来たと思っております。

7月度 若手後継者等育成事業新型コロナ対策特別事業(セミナー)

日 時:2020年6月19日(金)19:00 〜 20:50

会 場:ZOOM

テーマ:「知識を身につけ、難局を乗り切る」

6月19日(金)に「若手後継者等育成事業 新型コロナ対策特別事業(セミナー)」を開催いたしました。本事業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて新たに立ち上げた事業となります。事業テーマに「知識を身につけ、難局を乗り切る」と掲げまして、新型コロナウイルス感染拡大の中厳しい経営を強いられているYEG会員企業に対し、専門的知識を有するエキスパート(社労士・税理士)による新型コロナウイルス対策支援制度等に関するセミナーを開催し、事業継続・経営向上の一助となる知識と情報を会員に発信・共有することを目的として開催いたしました。

 講師としましては、社労士から蓑輪寿宏(ミノワ社会保険労務士事務所代表)、税理士からは猿田淳子(猿田淳子税理士事務所所長)のお二人をお迎えしました。お二人共に当会OB・OGであり、青年部現役会員の為に講師を引き受けて下さいました。講演方法としましては、Webミーティングツールである「Zoom」を活用し、会員に対して生配信を行いました。
 
冒頭、渡邊会長より「我々青年経済人は地域経済を支える立場にあり、その為にも会員一人一人が自社を安定して経営していく必要がある。本日のセミナーで得た知識を活用し、新型コロナウイルスの苦境を乗り越える事業所運営をしてほしい。」という、挨拶を会員に対して発信いたしました。

 講演前半は、猿田講師にお話して頂き、国や県が現在及び今から行う新型コロナウイルス感染症対策に関する支援金・給付金に関する講演をして頂きました。講演後半では、蓑輪講師より「雇用調整助成金」に関する事を中心にお話頂きました。お二人共に制度について分かりやすく解説して頂くと共に、申請方法や具体的な事例等を踏まえ制度を有効活用する方法まで、少し踏み込んだ内容もお話頂きました。講演終了後には、配信を視聴していた会員からの質問に対して丁寧にお答えして頂きました。また、講演の様子は録画し会員が何時でも視聴出来るように設えており、生で視聴出来なかった会員に対してもフォローしております。

本事業を通して、会員に対してこの苦境を乗り越える為の知識と情報を発信・共有出来たと思っております。

6月度 講習会(エンジェルタッチの使い方)

日 時:2020年6月17日(水)19:00~

会 場:ZOOM

テーマ:「エンジェルタッチの使い方を学ぶ」

6月17日(水)に「エンジェルタッチ(以下AT)の使い方を学ぶ」と題して、Web会議システム(ZOOM)を活用し講習会を実施しました。ATとは青年部で使用している情報共有ツールで、青年部活動をするうえで必要不可欠のものとなっています。今回は新入会員やまだATの使い方に慣れていない会員を対象に、ログインから委員会や事業等の出欠報告を行う基本的な操作方法の他、委員会や事業の案内をメールでお知らせする「ジョブ通知」や「スケジュール通知」の便利な設定機能を、ZOOMの画面共有の機能を利用して順に説明していきました。
例年ATの説明は委員会開催時に行い、操作方法が分からない方には直接手取り足取り教えてきましたが、今回はZOOMでの開催でそれが出来ないため、より丁寧な説明と参加された方が理解したことを確認してから次に進むことを心掛けて講習を行いました。

参加された方が今後ATを使いこなし、青年部活動を積極的に行って頂けたら幸いです。

また今回の講習会を開催するにあたり、ご協力頂いた方すべてに感謝申し上げます。ありがとうございました。