会長挨拶

平成30年度 会長所信

平成30年度スローガン
自らの可能性にchallenge!
~ その一歩が新たな道を切り開く~
平成30年度会長 村家 幸伸
富山商工会議所青年部
平成30年度会長 村家 幸伸

 この度、富山商工会議所青年部(以下富山YEG)第 44 代会長を仰せつかり、身に余る光栄と心より感謝を申し上げると共に、その責任の重さに身の引き締まる思いでございます。

 また、今ある富山YEGは諸先輩方が培ってこられた活動によって成し得られたと感じており、これもひとえに多くの先輩方の情熱と行動力による賜物と改めて敬意を表します。

 現在の富山YEGは 300 名を超える会員で構成されており、活気あふれる組織に成長しました。富山YEGはこれまで数々の活動を通して様々な思いを語り合い、またその想いを互いに支えあい、共に達成感や充実感を感じられる姿こそが富山YEGのあるべき姿だと感じております。そしてこれまでも、これからも富山YEGは人が人を励ます、高める、感動させられる組織だと捉え、日々精進していきたいと考えます。

 平成30 年度の富山YEGは、会員一人ひとりが自己変革をいとわずチャレンジし続けることで個の成長、そして更なる富山YEGの成長に繋がる1年間にしていきたいと考えています。

 さて、近年私たちを取り巻く社会状況は日に日に大きく変化しております。生産年齢人口の減少に伴い、労働力人口が減少すると経済の規模も縮小し、地域の活力が失われつつあります。またグローバル化が加速して海外企業との競争が激化する中、経済が縮小すると、製品・サービスなどの国際競争力の低下も懸念されます。私たちのふるさと富山市においては少子・超高齢化社会の進行、市街地の低密度化など様々な課題に直面しているなか、これまでに公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトな街づくりを政策の基本として様々な施策を推進されております。

 このような状況のなか私たち富山YEGは将来にわたって持続可能な都市ふるさと富山を構築していく一助を担うため、いかに行動するべきかが問われていると考えます。私たち富山YEGの親でもある富山商工会議所の概要の中に「富山商工会議所は業種や規模、大企業や中小企業にかかわらず、会員が一緒に力をあわせ、また、関係機関と密接に連携して、住みよく魅力ある富山市づくり、活力ある産業づくり、心豊かな人づくりを促進していく」と記されています。私たちは、若手青年経済人としてYEG 活動を通して自らの可能性を信じ、今ある現状に満足することなく果敢にチャレンジしていくことが、明日への確かな一歩となると考えます。

 平成 30 年度 富山YEGは“チャレンジ”をキーワードに次のような意識をもって活動していきたいと考えます。

「自らの可能性を信じ、“自分初”にチャレンジする」
 YEG 活動においても一人の青年経済人としても、マイナス思考をプラス思考に、現状維持ではなく更に前向きに変革していくことが必要となります。たとえ出会ったことがない場面や経験したことのない課題が待ち受けていたとしても、それを乗り越えていくことが大事だと考えます。それは自らの可能性を信じたチャレンジ抜きでは成しえません。私たちは今年度、「可能性を信じ、“自分初”にチャレンジする」という価値観を推進力として、自分の可能性、仲間の可能性を信じて活動していきましょう。

「個の連携、組織の連携を活かしチャレンジする」
 富山YEGは様々な職種、年齢、価値観など会員一人ひとりの様々な個性が織りなす組織です。今年度もYEG 活動を通して仲間に対しても、自分と同様にその“無限の可能性”を信じ、誰にも必ずその人独自の“持ち味”あるいは“長所”があるはずだと信じて、それを探して見出し、活かしていくことで新たな連携、強い絆が結ばれると考えます。また私たちYEG 会員は綱領、指針のもと活動をさせていただくなかで、地域社会の発展、未来像を自ら創造していくことが責務でもあります。今後富山YEGとしてどのように故郷富山の発展を創造し、行動に移していくべきかを考え、あらゆる角度からチャレンジすることが重要だと考えます。

 富山YEGの推進力は「会員力×チャレンジ」、そしてふるさと富山の未来を創造する推進力は「富山YEG ×チャレンジ」と捉えて活動する1年にしたいと思います。

 富山YEGはこれまでの歴史のなかで新たな課題を自ら見出し、その解決策を導き出す深い洞察力と柔軟な発想力、豊かな包容力こそが、多様な価値観を生み出し、また様々な考え方に直面したときも創造的な連携によって育まれ成長できたと感じております。今年度は会員一人ひとりが今ある現状に満足することなく、自らの中に宿る可能性を信じて果敢にチャレンジし、幅広い視野を持って仲間と積極的に交流することで自らの成長、そして富山YEGの成長に必ず繋がると信じています。

 結びになりますが平成30 年度、「自らの可能性にchallenge! ~その一歩が新たな道を切り開く~」を胸に秘め、私自身、自らの可能性を信じ、積極果敢にチャレンジします。どうか会員の皆様には自分自身に期待を込め、己の中に熱意を抱き、何事にもチャレンジ!を念頭におき、輝かしい明日への道を共に切り開いていきましょう。