総務委員会

委員長 早坂 健司

テーマ「互いに学び合い、組織の礎とならん」

 富山YEGは全国屈指の会員数を誇る単会であり、その活動内容はとても多岐にわたるものになってきました。平成 30 年度も会員交流・地域貢献・自己研鑽など様々な目的の事業・委員会が開催されていきます。その中で総務委員会の役割とは、組織運営の中核を担う委員会として、事業及びYEG 活動が円滑に進むよう縁の下の力持ちとなり、より良い環境で活動に専念出来るようにしていく事だと思います。その為には私達の実務能力の向上、さらには会員相互のより強固な信頼関係が必要と考えており、平成 30 年度総務委員会では以下の 3 点に重点を置き、富山YEGの礎となるべき活動をしていきたいと思います。

 1 つ目は「理事会・各種会議の効率化の検討」です。理事会とはYEGの方向性を協議し決定する機関にあたります。その会議を円滑に進められるように、これまで積み重ねてきたシステムをもとに、さらなる効率化を図っていきたいと思います。

 2 つ目は「エンジェルタッチの運営・管理及び活用促進」です。エンジェルタッチはスケジュール確認や会員同士の情報共有に不可欠なシステムです。運営・管理はもちろんの事、総務委員会メンバー全員がしっかりと学び、活用方法を周知していくことにより、全会員がYEG 活動に役立てていただけるようにしたいと考えています。

 3 つ目は「ホームページ等による広報活動」です。広報活動とは、企業や組織が社会に情報を発信し、また社会の動きを知り、相互にコミュニケーションをとる活動です。ホームページやSNSによる活動実績の報告を迅速かつ的確に行うことにより、会員相互のコミュニケーションがより活性化されていくような広報活動を取り組んでいきたいと思います。

 総務委員会の活動は、今までの青年部活動では経験したことのないものが多々あります。誰しもが未知なることをやり遂げるには、確固たる信念と勇気ある行動、更には信頼し合える仲間が必要です。自らの可能性に確固たる信念を持ち、勇気をもって“自分初”にチャレンジし、仲間との互いの学び合いにおいて生まれてくる信頼感や達成感を得ることが、より充実した青年部活動に繋がると思います。

 最後になりますが、総務委員会の職務は庶務・人事・広報と多岐にわたり様々な知識やスキルが必要となってきます。会員同士が互いに知識を持ち合い共有していくことで、個々のスキルアップに繋がり、さらには会員相互のより強固な信頼関係が構築され、富山YEGの盤石な礎となれるよう活動してまいります。

委員会活動概要

  1. 理事会・各種会議の効率化の検討
  2. エンジェルタッチの運営・管理及び活用促進
  3. ホームページ等による広報活動