会員の魅力発掘委員会

委員長 吉田 勇一

テーマ「交流から生まれる価値『魅力』を発掘しよう」

 現在、会員数300 名を超す富山YEG。所属する意義として、交流することなしには語れません。YEG 活動の中で我々はそれぞれ平等に交流の機会が与えられています。その交流のチャンスを活かすかどうかは自分次第です。今年度のスローガンにも掲げられていますが、私は様々な活動を通じ、“チャレンジ”したからこそ出会えた先輩、同期、後輩との交流が自分自身の士気を高めてくれていると日々実感しています。それは、YEG 会員一人ひとりの『魅力』があり、各々に惹きつける何かがあったからこそと考えます。
 辞書を引くと『魅力』とは人の心を惹きつけ夢中にさせる力とあります。つまり人の心に作用する力ということ。他の人の心を惹きつけるわけですから、交流なしでは惹きつけられません。しかし、人の心を惹きつけ、夢中にさせることは簡単なようで非常に難しいです。

 まず委員会を通じ会員の交流の充実を図り、広く、また多くの交流を重ね自身の魅力発掘に注力できるよう努めます。交流にも手法が多くあり、ディスカッションや共同作業、課外活動や飲食も交流の手法となり様々です。いろいろな場面での交流を重ね会員の未知の『魅力』に触れる機会を創出していきたいと思います。
 また、交流する相手方によってもその質は変わり、新たな出会いは多くの知見を広げるチャンスでもあります。そのように新たな出会いや普段通じていなかった人との交流を図り活動していきます。そこから得られる経験こそが『魅力発掘』の一助となると考えています。
 しかし、交流が得意な方や苦手な方、人には様々な性格があります。チャレンジで乗り越えられるものもあると思いますが、上手な交流の方法も併せて学習したいと考えています。中でも相互理解に資することに主軸を置き、委員会活動を通して学んでいきたいと思います。そこからより深い交流へ発展することを願います。

 最後になりますが、みなさんの持つ経験値こそが魅力そのものです。その経験から得られた知識・知恵など交流を通して発信し、もっと魅力に気づいてもらい、仲間の魅力にもっと気づけるよう活動していきましょう。新たな出会いから生まれる新たな交流、交流から生み出される人の『魅力』。
まだ自分の『魅力』に気付いていない人も、もう既に、自分の『魅力』を知っている人も互いの魅力を発掘していきませんか?
活動を通してより深い交流、より強い魅力を発掘しましょう。

委員会活動概要

  1. 会員の交流の充実と機会の創出
  2. 会員の相互理解に資する学習
  3. 会員の魅力に触れる機会の創出