とやま未来創造委員会 

委員長 田中 比呂睦

テーマ「夢・未来を創ろう~豊かな郷土を創る為~」

「人はなぜ生きるのか?」皆さんはこう聞かれたら何と答えますか?千差万別であり、高尚な識者や学者の言葉を以ってしても、そこに明確な答えはないのかもしれません。大なり小なりの目的や目標を見出し、それを達成することで満足感と幸福を得る。私はその繰り返しこそが人生であると思います。そしてその目的の最大たるものが「夢」ではないでしょうか。自らの持てる全てを注力し邁進して、やっと叶える道が開けてくる。夢とはそれ程に尊いものであり、未来を語る上で無くてはならないモノです。しかし我々が属する地域や団体、個人レベルでも、各々が置かれている立場では、今後の富山市に期待をし、見る夢は違うかもしれません。当委員会ではふるさと富山市の未来と夢を想像し、それを創造するために、若手経済人としてどのように行動すべきかを考え、実行出来る人材を育成する足がかりとなるよう、以下の2点に重点を置いて活動していきます。

1.未来・夢を語る場の提供
先ずは皆さんの夢を知り、そして語り合うこと。富山YEGだけでなく他団体や講師も招き、富山市の未来とは、共に目指すべき夢について議論する場を設けたいと思います。未来創造というテーマの中で、一つの視点だけでなく様々な違った視点から、富山市のより良い未来、又は夢の実現の為に議論したいと思います。我々と同じ若手の世代が、今一度ふるさと富山市について再考し、思いを育む場を提供出来ればと考えております。
そして1年を通した学びの集大成として、「未来の富山に向けたメッセージ」を作成し発表することで、将来を創造するきっかけとなる活動の軌跡を残します。

2.地域の発展にYEGとしてどのように関わるかの探究
経済人である限り、自社業の発展に尽力する。至極当然のことです。しかし我々は商工会議所に属する青年部会員です。会長所信にもあるように「倫理と利益の両立」を追求し、自社業のみならず地域社会への貢献も念頭に置き、活動に繋げなければなりません。
地域や行政との意見交換や交流を深めることで、現在富山市が抱えている問題点や課題を抽出します。そして若手経済人しての立場から、今後の地域発展に対してどのような貢献が出来、どのような取り組みをしていくべきかを学びたいと思います。富山YEGという特性を活かした、大規模且つ各分野にスペシャリストを揃える、我々にしか出来ない地域への寄与の仕方を探求します。

最後になりますが、個々人の自己実現についても学びを深めます。日々の仕事や生活に追われて、夢を見る事を止めた人。歳を重ねるにつれ夢を語るのを止めた人。子供が夢を見るのは良いのに、大人が語るのは恥ずかしい事ではありません。これを機に、今一度会員の皆さんが自分自身と向き合い、夢(目的・目標)を再認識し、未来を担う子供たちに胸を張って語る。何度も言いますが我々は青年部です。青臭くてもいい、格好良くいきましょう。当委員会活動が、今後の富山市におけるまち作りひと作りに一石を投じ、僅かでも皆さんの自己啓発の一助になれば幸いであります。1年間宜しくお願い致します!

委員会活動概要

  1. 富山市の未来像を議論し、「未来の富山に向けたメッセージ」の作成・発表
  2. 富山市の未来創造のためにYEGがどのように貢献できるかの議論