ふるさと発信委員会 

委員長 朝岡 徹

テーマ「而今にこん、たった今、これから~未来へつなぐふるさと探求と新たな富山の魅力発信へ~」

日本全体は今まさに少子高齢化や地方分権の進展など、社会が大きく変化している中、 我々富山という街は人口減少や若者の県外流出など富山の経済は右肩下がりに進んでいるように思われます。そこで平成29年度のふるさと発信委員会では、富山のふるさとを発信することで少しでも富山を元気にする委員会にしていきたと考え、会長所信にもある『幸せな未来』 をキーワードにおいた活動内容を考えております。
『幸せな未来』『富山の未来』『家族の未来』『日本の未来』 ・・・このように、未来といっても人それぞれの観点がありますが、その中でもふるさと発信委員会では、地元富山の良さの追求や他県からみる富山の研究など、普段当たり前のことがどれだけ素晴らしい事かを改めて実感し、未来のふるさと富山を発信する委員会にしていきます。
人々の心の中にある『ふるさと』への思い、『ふるさと』に貢献したい想い、『ふるさと』 ではなくても、あの街を残したいと願う想い、こころ安らぐ場所、帰る場所、落ち着く場所・・・・『ふるさと』と言っても故郷という形のあるものから、一人一人の心の中にある 想いまでいろいろな形があります。人はいつか帰る場所を探し続けているのかもしれませんし、その思いの一つ一つはこの世に二つとない宝物(ふるさと)だと思います。
ふるさとを守る人、守りたい人 、ふるさとが無い人、無くした人 ふるさとを見つけた人、見つけたい人
ふるさとを見つけ、守ることは非常に難しいことです。しかし我々富山YEGの 『ふるさと』への思い、『これから』の思いを現実にし、幸せな未来に繋げていきたいと考えております。そこで、ふるさと発信委員会では、以下の3つの事を軸に活動していきます。

【富山から全国へ】
今一度、富山市の誇れるものを調査し、全国へと発信、ふるさと富山の良さを再発見することで、 我々富山YEGのメンバーが更に富山を愛し感謝し、小さな枠組みの中ではなく大きな枠組みの中での富山の価値を見出す。

【全国から富山へ】
YEGは全国各地に単会があり、その中で全国各地からみた富山を知り、富山という街にいるから気づかないことを全国の仲間達から逆に教えてもらい、違った観点から富山の良さの追求を行い、その中で得た富山の魅力を富山YEG の仲間へ発信し、新たなふるさと富山を発見する。

【富山から富山へ】
富山の事は富山の人から学ぶべし!
富山の歴史や文化、富山YEGの歴史や文化を富山県民ならではの観点で、何が足り、何が欠けているのかを知りながら、地域社会と連携をして誇れるふるさと富山を学ぶ。

委員会活動概要

  1. 富山が誇れるものを調査・研究
  2. 各単会・富山YEGへの情報の発信
  3. 未来へ残す新たなふるさと富山の発掘