会員力活性委員会

委員長 森田 考介

テーマ「絆を育み熱意を持とう~富山YEGの未来のために~」

「絆」とは、ただ名刺を交換しただけで繋がる簡単なものではありません。共に悩み議論し、共に楽しみ、多くの時間を共有することで真の絆というものが生まれると思います。新入会員にとってYEGに入会した動機は様々であり、ビジネス販路の拡大、自己研鑽、友達作りと多岐にわたるでしょう。しかしそのすべてが自動的に成就するものではありません。人と出会い交流を重ね、絆を深める事でこそ達成でき、切磋琢磨し刺激しあうことで自己研鑽にも繋がると思います。
そこで2019年度会員力活性委員会では、以下の事に重点を置き活動していきます。
まずは新入会員の育成です。私達の基盤となる綱領・指針等を丁寧に説明し、理解して活動に臨めるよう育成に注力する事で、彼らが真剣にYEG活動に取り組む一助となり、熱意ある会員を増やし、更なる富山YEGの発展に繋げたいと思います。
次に新入会員と現役会員の交流ですが、新入会員は学校で例えると一年生です。YEGとは何か、どのような活動をするのか、入会してから知る事が非常に多いと思います。1年を通して新入会員と現役会員が共に有意義な活動や交流が出来るように、他委員会や各種事業の特色や学びとなる点を説明し、積極的な参加を促します。その他にも名刺交換の場等、様々な場面でサポートしていきたいと思います。
最後に、出会いの場の創出です。私自身入会当初から諸先輩方に富山YEG事業、県内外の様々な事業に誘って頂き、多くの出会いのきっかけを頂きました。それがYEGの楽しさや魅力、活動意義を知る契機となり、その経験が現在全力でYEG活動に取り組む事に繋がっています。生涯を付き合える仲間、会員やその社業にとって大きな糧となり、成長を促すような出会いの創出に注力していきます。新入会員には富山YEG事業、県内外のYEG事業への周知と勧誘を積極的に行いたいと思います。まずはYEG活動に興味を持ってもらい、参加する事で様々な出会いに繋げます。
富山YEGの未来を見据えて、将来富山YEGを牽引する熱ある会員を1人でも多く育成する事こそ、更なる富山YEGの発展に繋がると思います。諸先輩方が築き上げてきた歴史ある富山YEGの会員であることに誇りを持ち、それを受け継ぎ、更なる飛躍のために本気のYEG活動ができる会員が一人でも多く生まれるような委員会を目指し、しっかりと一年間活動していきます。

委員会活動概要

  1. 新入会員の育成
  2. 会員活動の活性化(新入会員と現役会員の交流)
  3. 出会いの場の創出