アイ♥富山特別委員会

委員長 西田 隆宏

テーマ「アイ♥富山。富山をもっと好きになろう。」

当委員会では、街なかの賑わいを創出するまちフェスの開催に全力で取り組む、特別委員会です。今回で3回目を迎えるまちフェスは、過去から学び、より多くの成長とより多くの賑わいを意識して活動していきます。
北陸新幹線が開通し、多くの観光客が訪れ、豊かで美しい自然と美味しい魚など、好評をえています。このような中、私たちは、これといって不自由のない生活に慣れ親しんでいるように思われます。私自身も富山市の未来に心から向き合ってなかったと思います。そのような現状で、本当に富山市を好きだ、富山市を愛していると言えるのでしょうか。富山の人は保守的だとも言われます。今のままに満足し、それを守ることに力を注いでいる人達が多いように感じています。現状を守るだけでは新たな発展は望めません。絶えず挑戦してこそ愛する富山市を守れるのではないのでしょうか。
私は委員会活動を通して、富山市の事を本気で考える時間を大切にしたいと思います。向き合った時間の大きさにより、富山市をもっと好きになるのではないでしょうか。
私たちは、過去の時代の先導者たちにより、幸せな日々を送っていますが、そんな私たちが、次世代の輝かしい未来のために出来ることはYEGだけでなく、地域の方々とも真剣に向き合いながら、失敗を恐れずに、常に挑戦、更なる発展を意識する気持ちも大切にしたいと思います。
そして、なぜ街なかの賑わいが必要なのかを考えてみた時、街なかはその都市の顔であると思います。街なかにかかわる人、一人ひとりが主役になって街づくりに参加し、未来に向かって高齢者はもとより、子ども達がいきいきと輝くような一日を目指す為、まちフェスを通じて連携、支援の輪を広げ街なかを笑顔で活性化し、しいては、都市全体の活力向上を目指します。
このような考えのもと、特別委員会の方針として、3つの柱を基本的に行います。

  1. 今後の富山を代表する街フェスになるよう一生懸命考え行動して、委員会だけでなく、YEG全体で考える活動を行う。
  2. 次の富山市の未来を担う子供たちや、若者が夢と希望、テーマパークに行った時のようなドキドキ感、そして「楽しかった、また来年もやってくれるの?楽しみにしているね。」と言ってもらえる活動を考える。
  3. 街なかに多くの市民が集まることにより、地域の更なる発展と賑わいを、地域商店街や市民の方々とも一緒に考える機会、さらには、富山を愛する他団体と一緒に考えられるような活動を行う。

簡単ではない事に皆で挑み、一つひとつの課題を乗り越える喜びを感じ、会長方針にある千里眼を通して、未来を見る力、過去から学ぶ力を身につけ自社業にも活かせる活動をしていきます。
皆さんと一緒に楽しくアイ♥富山にしていきましょう。

委員会活動概要

  1. YEG全体での街フェス作り
  2. 次世代に夢を与える活動
  3. 地域商店街や他団体との連携活動