TOYAMAまちなかMusic&Heritage festival 2019

日 時:2019年11月4日(月)11:00~17:00

会 場:グランドプラザ・総曲輪通り

テーマ:「アイ❤富山~まちなか文化祭~」

このイベントは、「音楽を通して富山の文化を未来に伝え、中心市街地に賑わいの創出をしよう」を目的に今年で3回目の開催となりました。今年のテーマは「アイ❤富山~まちなか文化祭~」となっており、子供から大人まで、誰もが参加発表できる場の創出を考え、会場はグランドプラザを中心に総曲輪通りの端から端までを会場にしました。内容としては、大きく3つのステージを用意し、それぞれ違う趣向で本事業を盛り上げました。
グランドプラザステージ(音楽ステージ)では本事業の中心と考え、子供から大人まで楽しめる音楽を10組の富山で活躍する方々で構成しました。園児による演奏から始まり、富山県警察音楽隊・リバーサウンズジャズオーケストラ等の大勢の演奏者によるダイナミックな音色に総曲輪通りの行きかう人々が足を止めてその音楽に魅了されていました。
芸術ステージとして、総曲輪通りに約50のブースを並べ様々な個人・団体に作品・商品を展示・販売していただきました。ブースの周りを何回も練り歩く方も多く見られ、イベント開催中は通りに人が絶える事はなく、多くの方々に本事業と総曲輪通りを満喫してもらえたと思います。
食ブースとしては、グランドプラザ内に6つのテントを用意し、「学生が考える新しい富山のフェス飯」と銘打って、学生とバックアップ企業が共同開発した新メニューを販売してもらいました。富山にゆかりのある食材で様々な新商品が販売され、多くの方々の舌を魅了させていました。

北陸信越ブロック大会 加賀大会

日 時:2019年10月19日(土)7:30~22:00

会 場:加賀市文化会館他

テーマ:「一致団結!~富山YEGの熱き思いを加賀の地に向けて~」

10月19日(土)石川県加賀市で開催された北陸信越ブロック大会 加賀大会。富山YEGより80名が参加しました。本年度の加賀YEGが掲げたテーマ『「All or Nothing」荒波を乗り越えろ!答えはひとつ!』の元、私達富山YEG会員は「一致団結!~富山YEGの熱き想いを加賀の地に向けて~」をテーマに掲げ加賀の地に向かいました。

「記念式典」では本大会を開催するにあたり、台風19号の被害にあわれた被害者に深い哀悼の意を表して記念式典の開会となりました。北陸信越ブロック大会 加賀大会 大会会長の蔵谷 一樹君より、本大会はこれからの新時代という荒波を乗り越えるための研鑽と次代の先導者であるYEGメンバー同志の交流を通じて未来への可能性を感じられる大会にしたいとお話を頂きました。本大会の登録者数も1010人と多くの方々が参加しました。続いて令和2年度 北陸信越ブロック大会開催地は富山県砺波市、主管YEGは砺波YEG、と発表されました。

「記念講演」では、加賀市出身であるDMM.comグループ創業者 亀山敬司氏より自身が経験してきた数々の事業、DMM.com創業、事業の低迷期には新時代に必要とされる新しい事業プランの導入が必要というご講演をお聞きしました。

「大懇親会」においては、雨天であるにも関わらず多くのメンバーが参加し4 県の同志達と友好を深めるとともに会員各々の団結と絆を強めることができました。メインステージおいては「日本遺産 北前船」を模した加賀YEG手作りのセットが組んであり、飲食品目も含め情熱のあるおもてなしを感じる事が出来ました。

 

富山まつり

日 時:2019年8月3日(土)、4日(日)

会 場:富山城址公園 東側広場 城址大通り

テーマ:「みんなのワクワク大集合!熱い夏の思い出を作ろう!」

8月3日、4日の2日間、富山城址公園を中心に「第59回富山まつり」が開催されました。富山YEGは「みんなのワクワク大集合!熱い夏の思い出を作ろう!」をテーマに、ご参加頂いた方々にワクワクして頂ける企画を計画し、来場者が一生忘れない夏の思い出を作る事を目的とした事業の開催を行いました。

富山YEGは富山城址公園東側広場と城址大通りを担当し、城址公園東側広場にて「星空バザール」、「ステージイベント」、「ワークショップ」を、城址大通りにて「はたらくクルマ」を開催しました。

「星空バザール」では数多くの飲食ブース出店者や富山YEGメンバーがご来場頂いたお客様に様々な飲食や縁日を楽しんで頂ける空間を創出しました。「ステージイベント」では、学生よる演奏やコピーバンド演奏、アイドルやダンスチームによるパフォーマンスやカクテルフレアショー。サマーナイトDJショー等、多くのお客様に楽しんで頂きました。「ワークショップ」では、多くの子供達が楽しく職業体験ができる企画を用意しました。「アイドル体験」では子供達が簡単な振り付けを覚えてアイドルとステージで踊る企画を行い、他にも工具を使用し作品を作ってもらう「カラーサンドアート体験」、「小枝鉛筆作り」「黒板作り体験」「オリジナルボックス作り」「バードコール作成」や、オシャレを体験してもらう「ボディジュエリー体験」や「YouTube投稿体験」。様々な職業を多くの人に体験して頂きました。「はたらくクルマ」では、間近で見ることのできない25台の車両に直接触れて楽しんで頂きました。

 

OB交流研修会

日 時:2019年6月21日(金)17:20~21:30

会 場:富山県民会館

テーマ:「身に付けようYEG千里眼 ~歴史を学び未来へ繋げよう!~」

6月21日(金)富山県民会館にて現役会員110名とOB会員40名の計150名が参加して、「身に付けようYEG千里眼~歴史を学び未来へ繋げよう~」をテーマに諸先輩方から熱きYEGスピリッツを学び、相互の理解を深めることを目的として開催しました。

研修の部では諸先輩方から当時の事業に対する思いや苦労話などをお聞きし、会員それぞれが今後の青年部活動を続けていく上で、とても参考になり学びのある研修となりました。全ての研修室から笑い声が絶えず聞こえ、終始和やかな雰囲気で時間が流れていきました。

懇親会の部では多数の方と交流を深めてほしいという思いから研修の部にて着座していたメンバーと席替えを行った結果、多数の方との交流が実現し、名刺交換を行ったり、談笑する場面が多く見受けらえました。

会場内には「45年の軌跡」と題し映像を放映し、OBの方々には当時を懐かしく感じていただいたのではないかと思います。

乾杯挨拶では山田OB会長から「素晴らしい研修内容だった」とお言葉をいただき、締めの挨拶では翠田副会頭から「こんなOB交流研修会は今までなかった」と、大変な盛り上がりの中、交流会が終了しました。

新入会員一人一人に感想を聞いたところ、「発表は緊張したが、真剣に研修事業に取り組むことが出来、先輩方の想いを聞くことで、今後の青年部活動に役立ち、とても勉強になり沢山の方と名刺交換が出来ました」という声が聴け、掲げてきたテーマを振り返ると、この事業の目的を達成することができたのではないかと思います。

今回の研修事業では多くの事を学ぶ事が出来、そして事業を成功へと導くためのプロセスを知ることで今後の青年部活動に大きく邁進し、飛躍することが出来たと思います。

新入会員オリエンテーション

日 時:2019年5月9日(木)18:00~21:45

会 場:富山電気ビルデイング

テーマ:「 YEGを学び交流し絆を育む第一歩としよう」

5月9日(木)富山電気ビルデイングにて「研修事業 新入会員オリエンテーション」を開催しました。「YEGを学び交流し絆を育む第一歩としよう」をテーマに、今年度新入会員を含む133名が参加し、活気ある研修事業を実施することができました。

オリエンテーションの部では、青木会長からの歓迎メッセージから始まり、パワーポイントを使用し、長森専務理事による活動概要などの各種説明をしていただきました。各委員長からは、各委員会の熱意がこもった素晴らしい委員会活動案内していただきました。そして現役会員(昨年度新入会員代表、女性会員代表、今年度卒業生代表)3名からの自身の経験を踏まえた体験談と心温まる激励の言葉をいただいたことにより、新入会員だけではなく現役会員にも学びのある研修事業になりました。

その後の懇親会の部では、オープニング映像からの新入会員の登場、一人一人の読み上げ紹介を行いました。その後、蓑輪相談役の乾杯のご発声の後、各テーブルに配置したテーブルコーディネーターの進行のもと、名刺交換、自己紹介を行いました。お互いを知るための交流の時間をしっかりと取ったことにより、そのあとの歓談がより一層盛り上がったものとなりました。途中、各同好会より活動案内が発表されると、真剣に聞き入り、発表が終わった後には興味のある同好会のことを、同じテーブル内にて活発な質問が飛び交っていたのが非常に印象的でした。

事業終了後、新入会員からは「色々勉強になった」「たくさん交流ができて楽しかった」「もっとYEGのことが知りたい」「さっそく他の委員会に行く約束をした」など色々な声をいただきました。現役会員からも改めて勉強になったし、たくさん交流もできたとの声もあり、まさに新入会員と現役会員が共に学び交流したことで絆を育む第一歩となる新入会員オリエンテーションとなりました。