交流事業 ファミリーキャンプ

日 時:平成29年 7月1日(土)12:00~ 2日(日)9:45

会 場:国立立山青少年自然の家

テーマ:「大自然の中で真の交流、心の交流を」

目 的:
大自然の中でキャンプでの野外活動や野外炊飯等でコミュニケーションを図ることにより、 家族にYEG活動への理解を深めてもらうとともに、家族を含めた会員間の相互理解を深め、真の交流、心の交流を生むきっかけとなることを目的とします。

 

富山県商工会議所青年部連合会 定時総会

日 時:平成29年 5月14日(日)13:00~20:00

会 場:砺波ロイヤルホテル

テーマ:「富山県連の更なる融合を目指して!」

5月14日(日)に砺波ロイヤルホテルにおいて、平成29年度富山県商工会議所青年部連合会定時総会が開催されました。富山県下8単会のYEGメンバーが集い、盛大な総会となりました。

総会では、平成28年度の事業報告・収支決算報告、平成29年度の役員・事業計画・収支予算が全会一致で承認され、新年度がスタートしました。平成29年度県連会長の本江拓会長の挨拶では、「『脱常識、脱平凡、脱地方』~YEGコモンセンスからの脱却~」をスローガンに掲げ、非凡で常識に捉われない考えや行動を目指すことや、地方の概念を脱却した地域づくりと経済活動を生み出すことなど、今年度の意気込みを伝えられました。

総会後に行われた懇親会では、アトラクションとして県連8単会の代表選手による腕相撲大会が行われました。各選手は単会の代表として熱戦を繰り広げ、会場は大いに盛り上がりました。また、各テーブルでは参加された他単会の方ともお酒を酌み交しながら懇親を深めることができ、参加した会員は今後の事業やYEG活動に活かされる繋がりを持てたのではないでしょうか。その後9月に新潟県燕市で開催される北陸信越ブロック大会燕大会のPRが行われ、燕YEGの方々を中心に熱のこもったアピールが行われました。昨年は富山市でブロック大会が開催されましたが、燕大会に富山YEGや県下の他単会からも多くの会員が参加し、すばらしい大会になればと思いました。

今回、富山YEGからは51名が参加し、富山県下の他単会の方々との交流を深めることができ、参加された会員の方にとって有意義な時間をなったのではないかと感じました。

親と子交流委員会  委員長  渡辺 佑一

新入会員オリエンテーション

日 時:平成29年 5月10日(水)18:00~21:55

会 場:とやま自遊館ホール

テーマ:「ようこそYEGへ! YEGを学ぼう!」

5月10日(水)とやま自遊館にて「ようこそ富山YEGへ!YEGを学ぼう!」をテーマに、今年度新入会員43人を含む161人が参加して、「新入会員オリエンテーション」を開催致しました。

第一部でのオリエンテーションは、新入会員への熱い歓迎メッセージが込もった蓑輪会長の挨拶から始まり、村家専務からの青年部活動の概要説明、委員長による各委員会の説明が行われました。説明する各委員長も新入会員に委員会を知ってもらう為、真剣にそして分かり易く、時にはユーモアを交えて発表をしました。新入会員が今後の青年部活動に積極的に参加するきっかけになったのではないかと思います。また現役会員3名による体験談の発表では入会して良かった事、先輩会員からのアドバイスを新入会員はもちろん現役会員も興味深く聞いていました。まだ青年部について分からい事が多い新入会員は、オリエンテーションを終始真剣に聞いており、青年部の理解を深める事ができたと思います。

第二部の懇親会では真木直前会長の乾杯のもと和やかな雰囲気で始まりました。緊張も少しほぐれて現役会員が新入会員に話かける姿や新入会員が自ら名刺交換に行く姿が各テーブルで見られました。途中、同好会より活動案内が発表され、新入会員は興味ある同好会の説明を楽しそうに聞いていました。そして会場のムードが盛り上がってきた所でステージに一人ずつ登壇しての新入会員による自己紹介タイムが始まりました。今後のYEG活動への意気込みを発表し、各デーブルの現役会員からは新入会員への声援や励ましの言葉が飛び交っていました。新入会員と現役会員との交流が深まった良い懇親会となりました。

新入会員からは「青年部に入ってよかった」現役会員からは「今年の新入会員は盛り上がりがある」との言葉を頂き、新入会員が青年部の活動内容に興味を持ち、会員の一員として確かな一歩を踏み出すことができた新入会員オリエンテーションになりました。

会員力増強委員会 委員長 泉 純二

   

 

第43回定時総会

日 時:平成29年 4月17日(月)16:50~21:00

会 場:ホテルグランテラス富山

テーマ:「心と力の融合 ~幸せな未来に向けて~」

4月17日(月)ホテルグランテラス富山において、第43回定時総会・懇親会を開催致しました。真木直前会長による平成28年度の事業報告及び決算報告が満場一致で承認され、すべての任を終えた真木直前会長へ感謝状と記念品が贈呈されました。また、青年部旗・会長徽章が蓑輪会長に固い握手と共に引き継がれ、平成29年度がスタート致しました。

挨拶に立った蓑輪会長は、「Fusion the Power of YEG ~YEGの力を融合して幸せな未来を創造しよう!~」をスローガンに掲げ、緊張の面持ちながら、「本年度の富山YEGでは『公共の意識』、『会員相互理解の意識』、『未来を創造し、夢を見る意識』の3つのテーマをしっかりと心に刻んで、幸せな未来を創造するために自己を磨き、力を合わせ、自らの手で幸せな未来を創造するために力を融合して、ともに邁進していきましょう」と力強く訴えました。その後平成29年度の理事・相談役紹介、事業計画及び収支予算の議事説明が行われ、満場一致で承認されました。続いて真木直前会長から富山市商工労働部 上谷部長へ平成28年度に富山YEGが編纂した政策提言書が手交され、富山YEG会員の汗と涙の結晶が旅立っていきました。また、新入会員も紹介され、会員としての第一歩を踏み出しました。

総会後の懇親会では、オープニングアトラクションとしてパピーズの皆さんによる、力と心の融合のとれた、チアリーディングの演技が披露され、会場は熱気の渦に巻き込まれました。大坪富山県商工労働部次長から祝辞をいただき、髙木富山商工会議所会頭の乾杯で開宴となりました。和やかな雰囲気の中、新三役と今年度設置された10委員会の委員長が紹介され、活動内容と熱い意気込みを各委員長が発表し、力強いスタートをきりました。今年度は新たな挑戦として、新事業を始めとした様々な事業が予定されています。その事業の責任を担っている委員長の顔には、今後の意気込みが感じられました。

最後に富山商工会議所 大津賀副会頭より、激励のお言葉を頂戴し、八ッ橋相談役が感謝の意を述べ、万歳三唱にて会は終了しました。日本屈指の大所帯となった富山YEGが、若い行動力と力強さをもって活動していくことを予感させてくれる素晴らしい一日となりました。