交流事業 ファミリーキャンプ

日 時:平成29年 7月1日(土)12:00~ 2日(日)9:45

会 場:国立立山青少年自然の家

テーマ:「大自然の中で真の交流、心の交流を」

7月1日(土)と2日(日)の両日、国立立山青少年自然の家において、富山YEG会員とその家族を含む総勢127名参加のもと、「平成29年7月度交流事業 ファミリーキャンプ」が開催されました。この事業は「大自然の中で真の交流、心の交流を」をテーマとして、大自然の中での野外活動や野外炊飯等でコミュニケーションを図ることで家族にYEG活動への理解を深めてもらい、家族を含めた会員間の相互理解を深め、真の交流、心の交流を生むきっかけとなることを目的とするものでした。

1日の土曜日は正午からの入所式後、雨天用の館内活動が同時進行で行われ、枝deえんぴつ・焼板絵付け・立山ひょうたん製作等では昔ながらの遊びを堪能し、バブルサッカーでは子供達や参加者の笑顔と歓声が絶えない姿が多く見受けられました。15時からは参加者全員で、カレーライス・豚汁・ダッチオーブンでスタッフドチキンを調理する野外炊飯を行いながら交流し、コミュニケーションが図られました。調理後は不動棟で食事しながら参加者に感想を述べてもらい、会員の子供達から『大変だったけど、凄く楽しかった』といった感想が聞かれました。また会員からは、YEG活動を通じた地域貢献や仕事面での会員相互の交流を主とした様々な視点で、YEGで活動する意義やメリットが述べられました。夜にはプラネタリウムにて参加希望者による夜空観測、2日の日曜日は朝食を食べた後、退所式が行われました。

富山YEGの家族参加事業として、会員相互のみならず家族ぐるみの繋がりもでき、そして日頃より支えとなってくれている家族にYEGの活動について理解を深めてもらえる良い機会にもなりました。

会員交流委員会 委員長 中西昌平